男性のホルモンバランスの乱れを改善

ホルモンバランスの乱れは女性に多い悩みと思われがちですが、男性も同様にさまざまな症状があらわれる場合があります。
男性のホルモンバランスが崩れやすいのは主に中高年期で、これは30代から徐々に男性ホルモンが減少するためです。
また日々ストレスと向き合わなければいけない現代社会では、過剰なストレスによる自律神経の乱れが心配されています。
こうした自律神経の不調が原因でホルモンの分泌量が減少し、全体のホルモンバランスの乱れにつながります。

 

ホルモンバランスの乱れによる主な症状には次のようなものが挙げられます。

  • 頭痛・筋肉痛・ほてり・発汗・肌荒れなど身体的な症状
  • 不眠・イライラ・集中力の低下など精神的な症状

男性ホルモンは「やる気」の源となるドーパミンを作り出す作用があるため、減少すると無気力になったり不安を感じたりすることもあるんですね。

 

また男性ホルモンのほとんどを占めるテストステロンというホルモンは睾丸で作られています。
生殖機能にも大きくかかわっているため、上記のような心身への影響だけでなく、精力減退やEDといった症状を引き起こす可能性もあります。

 

このような症状を改善するには、日頃から栄養バランスの良い食事を心がけ生活習慣を見直すことが何よりも大切です。
特に睡眠不足は大敵。テストステロンは良質な睡眠を十分にとることで、より多く生成されるからです。
またできるだけストレスがたまらないような工夫も必要です。
さらにホルモンバランスの乱れに着目したサプリメントの摂取も効果的です。